「極彩色肉筆絵巻 座敷牢」全体の流れ

<これまでの流れ>

●1992年 「地下幻燈劇画少女椿」初公開。その直後から「座敷牢」の脚本を執筆開始
●1993年 淡路人形資料館ほか、複数個所に取材。絵コンテ完成後 作画開始
●1993年 原田氏、都の指定難治性疾患発症。入院。稀少難病者の会に入会。当事者による学習会等を通じ 全国の難病の人と出会う(現在も通院中)
●1994年 原田氏が勤務していた映像・音声制作会社が倒産
●1994年 霧生館、豊島区から足立区に移転
●1995年 原田氏、鬱病と睡眠障害で精神科に通院開始。診療所・研究所・連絡会・自助グループを通じ多くの障がいを持った人々と出会う(現在も通院中)
●1995年 霧生館、足立区から荒川区に移転
●1995年 社会で陰惨な事件が続くため「フィクションの前に現実的な問題提起を」と「座敷牢」を一時中断し「都市投影劇画ホライズンブルー」を制作開始
●1996年 「ホライズンブルー」台詞を先行録音(現在生産中止になった、MiniDisc、DATで録音)
●1997年 原田氏、2回目の入院(救急搬送)
●1998年 原田氏、荒川区から北区に移転。しかしアパート1階では母親による壮絶な幼児虐待が連日行なわれ、主治医と相談して練馬区に移転
●1998年 少女椿・座敷牢の下北沢スズナリでの上映の打診があり「ホライズンブルー」を一端中断して「座敷牢」制作再開
●1998年 「座敷牢」台詞を先行録音(現在生産中止になった、MiniDisc、DATで録音)
●1999年 原田氏が勤務していた広告会社、倒産
●1999年 政府は、これまで全額公費助成だった難病医療費の有料化を開始
●2000年 原田氏の取引先のゲーム会社が120万円の未払いを残し倒産
●2000年 下北沢スズナリで「座敷牢」を1日のみ上映(1時間の短縮版)。スズナリ興行の赤字負債を抱え以後約8年にわたり分割返済
●2000年〜2007年 海外から「少女椿」の招待上映や、日仏合作「カリガリ博士」制作依頼等の打診があり「座敷牢」「ホライズンブルー」たびたび中断
●2001年〜2003年 テレビ「星のカービィ」の演出で制作会社に在籍。自主制作が3年間中断。ただしテレビアニメのデジタルフォーマット数値をこの時学ぶ
●2003年 イラク戦争。原田氏、2本のテレビアニメの担当中の話数内に「戦争抗議」のメッセージを入れる事を試みる
●2003年〜2006年 テレビ「妖怪人間ベム」の企画に参加、4年間自主制作中断。「妖怪人間ベム」のOPにはイラク戦争や環境破壊の映像が描かれている。
●2004年 原田氏、8月に3回目の入院・手術(集中治療室)。11月に4回目の入院・手術
●2005年 障がい者に一律自己負担を課す障害者自立支援法案が閣議決定、2006年施行。それまでは無料もしくは応能負担だった
●2007年〜2009年 フィルムやビデオの生産中止が相次ぎ、それらによる撮影をあきらめ、パソコンを購入。3年間独学でデジタル撮影・編集を研究・訓練
●2008年 リーマンショック。仕事が不安定になり、税金や物価の高い東京都で生活ができず、霧生館、埼玉県のはずれに移転
●2010年 原田氏の取引先のアニメーション制作会社が未払いを残し倒産
●2010年 突然 改定された 東京都青少年の健全な育成に関する条例に、条文上違反する事になり「座敷牢」の制作を中断。「ホライズンブルー」は制作続行
●2011年 東日本大震災 福島第一原子力発電所が爆発。原田氏、再稼働抗議の路上行動に参加し始める(後に政府の監視法案や戦争・空爆抗議等の活動に参加)
●2012年〜2017年1月「ふるさと再生日本の昔ばなし」に演出・作画等で参加。約5年間、自主制作が中断
●2013年 デジタル画面をフィルム風に見せる特殊フィルターを独自考案。「日本の昔ばなし」担当回や「ホライズンブルー」に活かされる
●2013年 IMAGICAの倉庫で「地下幻燈劇画少女椿」の16mmネガ・フィルムが発見される。カナザワ映画祭によってニュープリント制作
●2014年 原田氏の母堂(群馬県在住)入院(以降、認知症・車椅子・要介護の状態に)
●2017年 自主制作に専念するためアニメの仕事を降板。外部接触や仕事の依頼を断り、年収60万円に下げ連日アトリエに籠る完全個人製作の体制に変更
 
(以上「霧生館私家版座敷牢全記録」「スズナリ興行会議記録」「霧生館私家版ホライズンブルー全記録」「制作日誌」等より抜粋。 以下は2018年に開設した霧生館ウエブサイト等より抜粋)
●2018年11月 原田氏の母堂、死去
●2019年7月 「都市投影劇画ホライズンブルー」完成。以降半年間、上映・情宣活動
●2019年12月 「地下幻燈劇画少女椿」公式デジタル版制作(映画館がデジタル上映に移行し、16mmフィルム、βcam、miniDV上映ができなくなったため)
●2020年1月 「極彩色肉筆絵巻座敷牢」制作再開

〇2020年1月16日 生産中止となった機材で撮影・録音された座敷牢の撮影済素材と音声素材(miniDV、 Hi8、8mm-video、SVHS、VHS、MiniDisc、DAT )全データの所在確認。全ての元データは見つからなかったが予備のMiniDiscに不足分の音声の確認作業。音声をすべてパソコンで録音しデジタルファイル化。
〇2020年2月17日 見つかった台詞素材からOKテイクを選び脚本の順番通りに並べる音声編集作業完了
〇2020年2月18日 上映時間を少しでも短くするため、脚本・台詞(2時間26分)の削除作業(再編集)を開始。約30分の場面をカット
〇2020年2月21日 上映時間「1時間55分(4分休憩含む)」が仮決定
〇2020年3月27日 全体の10分の1が完成
〇2020年3月29日 上映時間「2時間10分(4分休憩含む)」に変更
〇2020年5月04日 再撮影作業、半分まで進む
〇2020年5月19日 全体の10分の2が完成


<これからの流れ>

過去の撮影済み作画素材は機材が生産中止になったので使えず、全て新たにデジタルカメラで再撮影を行なう
   ↓
残りの作画を開始(全1700カット・約5万枚)。並行して音楽制作や効果音制作を行なう


トップページ