「極彩色肉筆絵巻 座敷牢(The Karakuri)」あらすじ


 群馬県霧生市。霧生市は戦時中 空襲をまぬがれ、1980年代前半までは昔ながらの町並みを保ち、1970年代までは数々の因習や儀式が現存していた。 朝夕には霧が発生することから市制後「霧生」と記された。
 時は 1960年。霧生市明日香村にある巨大な屋敷を舞台にこの物語は展開される。

 江戸後期〜明治時代、一人のいざりのからくり師が明日香村に住んでいた。名を「多賀谷笛穂(てきほ)」という。同時期には現 東芝の創始者になった からくり師が帝都で華々しく活躍しており、 多賀谷笛穂の名はその陰に埋没した。しかし笛穂は豪商の依頼で、巨額の財宝を隠すため、江戸後期から明治にかけ 巨大な からくり迷路を設計、 その迷路は明日香村の花屋敷の地下に現実に建造されていたことが、その後の数々の調査で明らかになった。
 明日香村は、関西に大和朝廷があった頃、 朝廷と東北地方の中間を結ぶ交通路として重要な役割を果たしていた。そのため当時の中央の文化がいち早く伝えられ、技芸職人にとっては格好の実験地でもあった。
 いざりだった笛穂は「動くもの、美しいもの」への憧れから、淡路島に伝わる「道具返し(本作では「千畳敷百段返し」と呼称)」という仕掛けからくりを利用して、 巨大にして美しく恐ろしい錯視型の迷宮を作りあげた。この迷宮の果てにある奥座敷に豪商の財宝は隠された。
 その地下迷路を通りぬけるには「漢字」による「暗号」通りに進まねばならない。その暗号こそ中国から日本に伝来した歴史上初の漢字による古代複合詩 「千字文 (せんじもん)」を利用したものであった。

 笛穂や豪商の死後も、この財宝を巡り、様々な資産家や権力者が屋敷を買い争い、彼らは専門家を雇って地下の迷路や財宝を調査した。しかし誰もこの からくりを見つけることすらできなかった。

 少年・左吉は、単眼症に生まれたため、明日香村内では村八分にされ、連日 村人や同年代の子供による激しい差別や暴力に遭い苦しんでいた。
 ある日 左吉は、巨大屋敷の半地下の牢屋に幽閉された女性 玲子の存在を知る。玲子は現在で言う難治性疾患(潰瘍性皮膚炎)を持ち、それがコンプレックスになっていた。 玲子を拉致・監禁し、玩具のようにもてあそんでいたのは、屋敷の購入に成功した霧生の権力者・森田龍之介であった。
 左吉は玲子の惨状をみかねて、小柄な身体を利用して 森田の部屋から牢の鍵を盗み出し、玲子を座敷牢から脱出させることに成功した。それを知った森田は、日本刀を片手に二人を追いかけてきた。 必死で逃げる玲子と左吉は、いつの間にか謎の地下迷路の中に入り込んでいた。

 母子家庭の左吉は 母親の呪縛と精神支配、狂信的な愛情の元で育ち、同じく玲子も 母子家庭の中、母親の暴力や虐待の中で育った過去があった。
 左吉と玲子は、数々の精神的な逆境を克服し、互いに手を取り合い、蝋燭の灯りと千字文の拓本だけを頼りに 暗号を解読、迷路の夜行に挑んだ。
 二人の目的は財宝ではなく、自由への脱出であった。
(1992年に書かれた脚本「座敷牢」より)



トップページ